.About

What is Rou's ?

普通すぎず、奇抜でもないクリエイティブを

デザイン、ライティング、取材、インタビュー、プランニングなど、「クリエイティブ」を通じて課題を解決する児玉達郎の個人スタジオです。「どこにでもあるもの」よりもちょっとだけ個性的で、でも「やりすぎ」感のないもの。つまり、「ちょうどよく、個性的なもの」をテーマに、世界にひとつだけのクリエイティブを形にします。「具体的なイメージはないけど、ちょっと話を聞いてもらいたいな」そんなご連絡も大歓迎です。むしろ、イメージが固まっていない方が楽しいかもしれません。お気軽にメールください。

Who Rou is ?

rouこと児玉達郎。愛知県出身、千葉県在住。2004年、リクルート系の広告代理店に入社し、主に求人広告の制作マンとしてキャリアをスタート。デザイナーはデザイン専門、ライターはライティング専門、という「分業制」が当たり前の広告業界の中、取材・撮影・企画・デザイン・ライティングまですべて一人で行うという特殊な環境で10数年勤務。求人広告をメインに、Webサイト、パンフレット、名刺、ロゴデザインなど幅広いクリエイティブを担当する。そこで得たスキル・人脈を活かし、2017年7月フリーランスとしての活動を開始。インディーズ小説家・児玉郎としても活動中(2016年、『輪廻の月』で横溝正史ミステリ大賞最終審査ノミネート、2017年『雌梟の憂鬱』で新潮ミステリー大賞予選通過)。BFI(株式会社ブランドファーマーズ・インク)のスペシャルエージェント